包丁の使い方 包丁の構え方まな板に平行に立って、それから右足を半歩後ろに引いた姿勢が理想です (体の正面まな板に対し斜め45度) まな板と体の間は、握りこぶしひとつ分くらい空け、まな板の上に置く左手、包丁を持つ右手、体の正面で、 3角形を作る気持ちで構えます。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ