オクラのおいしい保存方法。オクラを長持ちさせる方法とは?

ネバネバ効果が体にうれしいオクラ、このオクラの保存方法についてお伝えします。鮮度を保ち、おいしく食べるためのコツをお送りします。大量に購入した場合でも今回の保存方法できちんとおいしく保存可能となりますよ。早速内容をチェックしてみましょう。

オクラの保存方法 冷蔵庫で保存する。

オクラを保存する場合ですと、まずオクラを冷蔵庫で保存する方法があります。
実はオクラの保存では温度が大きな意味を持ちます。
オクラは5度を下回る温度に低下した場合、低温障害を起こしてしまうのです。
暑すぎる場合は冷蔵庫の野菜室がお勧めとなります。
オクラは日持ちしませんのでより気をつけておく必要があります。

オクラの保存の場合は冷やしすぎず、適度に涼しい環境を作ってあげる必要があります。
また上記にあるとおり日持ちが難しい野菜ですので、より気をつかう必要があります。

 オクラは低温に弱いので冷やしすぎないこと。ポリ袋や新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。一度に使い切れない場合は、ラップなどに小分けにして冷凍保存しておくと便利です。
 水洗いした後、塩をふって表面をこすり、産毛を取り除いてから調理すると色鮮やかで食感もよくなります。細かく刻むほどネバネバが増すので、料理に合わせて切り方を変えてみましょう。

出典:http://www.yc.zennoh.or.jp

オクラの保存 一手間かけてさらにおいしく保存する方法

冷蔵保存する際に新聞紙、またはキッチンペーパーでくるみビニール袋に入れてヘタを下にして立てた状態で冷蔵庫の野菜で保存します。

この保存の際にぬらしてしまうとオクラは黒く変色してしまうので保存する際は洗わないで保存するようにしましょう。
洗うのは使用するときにしましょう。

さらにもう少し長く保存したいと思ったらコップにオクラのヘタが下になるようにいれ、コップにへたがつかるほどの水を入れておきます。この方法であればより長持ちさせることが可能となります。
この方法であれば長持ちしますし、いつでも新鮮です。
水は適度に交換するようにしましょう。

オクラの保存方法 冷凍保存で長期保存をしましょう!

オクラの保存で長期保存したい場合であれば、下準備をすれば冷凍保存で長く保存することができます。
まずオクラを硬めにゆでておきます。
お湯から取り出したらキッチンペーパーなどで水気をしっかりとっておきます。
フリーザーパックに入れて空気をしっかり抜きます。
これらの工程をしっかりとしていればだめにすることなく長期保存が可能に!

冷蔵とは打って変わって、冷凍でオクラを保存する場合は茹でた後そのままでも良いですし、茹でてから輪切りにした状態で冷凍保存する事も可能です。いずれにしても保存できる期間は冷凍の場合で2カ月程で、それ以降は味に異常を感じたり冷凍庫の嫌な臭いが気になったりしなければ食べる事が可能かもしれません

出典:https://upin.jp

後はオクラを凍らせるだけで大丈夫ですよ。
食べやすいように小さくカットしても大丈夫です。
解凍は自然解凍か、電子レンジでチンすればオッケーです。
非常に簡単で長持ちしますよ。

自然解凍か軽くレンジでチンで解凍すればOKです。
また、解凍しなくてもそのままおひたしにしたり、炒めものに入れたり、弁当に入れたりすればいいので使い勝手もいいですね。
むしろ栄養が溶ける際に流出するので、解凍せずおひたしなやスープなどにして汁ごといただくのがおすすめです。

出典:http://sorememo.com

上手にフリージングする一番のコツは?
上手にフリージングするコツは 「早く冷凍させること!」です。
急速冷凍がある冷蔵庫もありますが、熱の伝導が早い金属製のバットの上に食材を。
凍るスピードが全然違います。

出典:http://www.tukushi.net

オクラがこうなったら保存失敗! 

オクラの保存で、オクラを痛めてしまうこともあります。
オクラは前述のとおりどうしても保存が難しい部分があるため仕方のない部分でもあります。
そこで以下の部分に注意してほしいというポイントをまとめました。

オクラから異臭がする

オクラの中が茶色く変色する

オクラにカビが生えている

オクラの表面がぬるぬるする 

これらの場合オクラにはダメージが発生している可能性が高く、注意が必要となります。
危ないかなと思ったら無理に食べることを避けましょう。

オクラの保存方法 まとめ!

オクラの保存方法をまとめてみました
いかがでしょうか?痛みやすいオクラでもしっかりと保存すれば美味しく食べることが可能です。
みなさんも上手にオクラを保存して美味しく頂きましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ