梨のおいしい保存方法とは?長持ちさせて最後までいただく方法!

梨といえばあのみずみずしさと香り、さわやかで美味しいですよね。この梨の保存方法についてお伝えします。保存の仕方さえわかれば美味しく長く頂くことも可能ですよ。ぜひ皆さんも美味しく梨を頂きましょう。それでは早速ご覧ください。

梨の保存方法とは?

美味しい梨、長く美味しく保存するにはどうしたら良いのでしょうか?
今回はそんな梨の保存法についてまとめてみたいと思います。
梨を美味しく頂くための秘訣として是非覚えておいてくださいませ。
皆様の参考となれば幸いです。

梨の保存方法 切っていない場合

梨を保存する時のポイントですがまずは切っていない新鮮なものから。
切っていない梨でしたら、感想を防ぐことが長持ちさせる秘訣となります。
新聞紙に梨を一つずつ包んでビニール袋、もしくはジップがついた袋に入れてください。
保存に必要なことは、乾燥を防ぐことが大切ですのでビニール袋に入れるだけでも全然ちがってきますよ。

この方法で冷蔵庫の野菜室に入れてもらえれば、約一週間は美味しく食べることができます。

一つ注意して頂きたいのが冷蔵庫に梨をただ入れるのではなく、野菜室に入れること、本来は冷蔵庫の環境は梨自身にとっては過酷であるということを覚えておきましょう。
ですから保存には新聞紙やジップがついた袋、更に野菜室で保存するということを守ってください。

また冷凍保存の場合は皮をむいて、レモン汁をかけて、ジップロックに入れて保存しましょう。
これは以下に出てくる切った梨の保存法にあるものと同じです。

梨凍らせるとうまい。半解凍がベスト。冷凍庫から出したてだと歯が折れるpic.twitter.com/EwAWS6EX38

Mon, 08 Sep 2014 13:26:03 GMT

凍らせた梨が美味しいと人気でもあります。保存にもよくさらに美味しいとあって人気を集めている食べ方です。保存のついでにできてしまうアレンジでもあります。

常温の場合は風通しの良い冷暗所で保存して3~4日ほど。野菜室の場合は1週間ほど保存できます。常温でも大丈夫ですが、リンゴのようにそのまま置いてくというのはNGです。

どちらにせよあまり長持ちしないので、買ってきたり、もらってきたりしたらすぐに食べるのが一番おいしく食べる方法です。

出典:https://upin.jp

なにより美味しく食すならやはりすぐに食べたいところです。リンゴと比べてもかなりデリケートであることが分かりますよね。

梨の保存方法 切った梨の場合は?

次に切った梨の保存法です。
梨は切った時から酸化が始まります。
酸化すると味がぐんと落ちてきてしまいます。
この酸化を防ぐためにはレモン汁をかけたり、もしくは塩水につけるといったことも大きな効果を生んでくれます。

しかし塩につけるという場合は保存につよく、味は落ちるとされますので注意しましょう。
美味しく食べたいなら直前に切ってきちんと梨を食べきることが一番効率的な方法だと思います。

梨はりんごと同じで、切った後空気にさらすと参加が進み、果肉の白色が褐色に変化します。そうした場合は、りんごと同じように塩水に浸すと酸化の進行を抑えることが可能ですが、梨本来の風味が失われてしまいます。
食べる量だけを切ることが一番ですが、梨を1個使えない場合もあると思います。半分に切った梨なら、空気に触れないようにラップに包んで冷蔵庫で保存するようにしましょう。

出典:http://iro-tori.com

酸化することで風味が落ち食感、風味ともに落ちます。
傷がつくのも大きなダメージとなりますから十分に注意を払っておきたいですね。

梨の保存期間の限界は?

梨の保存期間に縛りはあるの?という疑問にもお答えしましょう。
梨の保存期限は切った場合、1から2日とされます。
それほど梨はデリケートで保存も厳しいのです。
傷がついた場合も同じです。
傷ついた場所から酸化や腐れ始め、味が落ちるどころか、保存すら難しくなりますので要注意ですよ。

季節によって変動いたしますが、冷暗所で保存していただければ3~4日間は問題なく食べれます。

冷蔵庫に入れていただければ1週間~10日位になると思います。

出典:http://www.gogo-kudamono.jp

梨の保存方法 まとめ!

いかがでしたか?梨を美味しく食べるには少し工夫と気遣いで梨は保存できてなおかつ美味しく頂くことができると思います。
皆さんも美味しい梨を長く美味しく保存したいと思ったらぜひお試しください。
これからの季節に役立つ、梨の保存方法でした。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ