効果・効能だけじゃない!ココナッツオイルの不安なアレルギー反応

海外セレブや芸能人にも愛用者の多いココナッツオイル。美肌効果から認知症予防まで、その効果、効能といったら幅が広いです。しかし、ココナッツオイルのアレルギーについてはあまり知られていません。今回は知らないと怖いココナッツオイルのアレルギーのお話です。

ココナッツオイルにもアレルギーがあるの?

海外のモデルや多くの芸能人たちが愛用しているココナッツオイル。きれい女子を目指すなら、使わない手はないと言ったようなイメージのココナッツオイル。

ココナッツオイルの効果は非常に幅が広く、美肌効果から美髪効果、ダイエット、メイク落とし、角質除去、さらに認知症の予防など、ざっと上げただけでもこれだけの事が紹介されています。

しかし、実はココナッツオイルにはアレルギー症状を引き起こす場合があることをご存じでしょうか?今回はそんなココナッツオイルのアレルギーについて調べてみました。

ココナッツオイルのアレルギー?原因はなに??

体に塗ってもよし、料理に使ってもよし!そんな全てに万能なココナッツオイルの、アレルギーを引き起こす原因は何なのでしょうか。

ナッツおよびピーナッツのアレルギーは症状が比較的重篤で、耐性を獲得しにくく、近年その発症率が上昇しているといわれています。耐性が獲得しにくいということは なかなか大きくなっても食べることができるようにならないということです。ナッツ類とピーナッツ類(マメ科)は分類上異なりますが、ピーナッツアレルギー患者の1/3がナッツアレルギーを示すと報告されており、両者の共通抗原の存在が知られています。

出典:http://senoopc.jp

厚生省アレルギー物質を含む食品に関わる表示義務より以下のものが示されています。
クルミ、アーモンド、ハシバミ、カカオ、ココナッツ、ピーナッツ、ブラジルナッツ、カシューナッツなどが適応になります。

出典:http://senoopc.jp

そもそも、アレルギーはアレルゲンのタンパクにIgE抗体が反応することで起こるので、そのタンパクを構造しているアミノ酸配列が同じ、または似ている場合、違うタンパクであってもIgE抗体が反応してしまうんです。アレルギーを引き起こす事で有名なピーナッツに、ココナッツは似ているという事なんですね。

そして、花粉症とも密接な関係があり、数多くある花粉の中でも特にシラカンバの花粉に反応してしまう方はココナッツアレルギーを発症する場合が比較的多いという事です。

ココナッツオイルのアレルギー症状とは

では実際に、ココナッツオイルでアレルギー反応が出てしまった場合はどのような症状が現れるのでしょうか?

ココナッツオイルのアレルギー症状①

食品として摂取した場合は、腹痛や嘔吐、下痢など多くの食物アレルギーで見られる症状を引き起こします。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

ココナッツオイルのアレルギー症状②

美容成分としても人気があり、ココナッツオイルを含んだクリームや石鹸、育毛剤なども存在するので、これらを肌に塗ったときに肌が赤くただれたり、かゆみや湿疹などの異常が見られた場合、ココナッツアレルギーの可能性があります。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

ココナッツオイルは、美容や健康面でも人気があり、ココナッツやココナッツオイルを原料に使った化粧品は女性の間では非常に関心の高い商品です。ココナッツオイルやココナッツが原因で、実際にアレルギーの起こる頻度は、同じナッツのピーナッツやアーモンドと比べるとアレルギーの発症報告は少ないのですが、全くゼロというわけではないので注意が必要です。

ココナッツオイルアレルギーの予防方法

ココナッツオイルのアレルギーを自分が持っているのかどうかという事は、実際にアレルギーの症状を発症してみないと分からない場合が多いです。そういう場合はどうすればいいのでしょうか?

ココナッツオイルのアレルギー予防方法①

ココナッツオイルに限らず、何らかのアレルギーを持っている方はココナッツオイルにも反応する場合が多いので、病院での検査をおすすめします。通常は採血で簡単に確認ができます。

ココナッツオイルのアレルギー予防方法②

ココナッツやココナッツオイルを原料に使った化粧品などを使う場合は、パッチテストなどで反応が出ないか確認してみるのもいいですね。腕の内側など、柔らかい部分につけて反応を確かめましょう。
また、情報ばかり鵜のみにせず、化粧品などは少量ずつ使うなど、自己防衛も必要です。

ココナッツオイルのアレルギーの症状は人それぞれ!

ココナッツオイルのアレルギーについて調べてみましたが、いかがだったでしょうか?ココナッツオイルに限った事ではありませんが、どんな食品にも多かれ少なかれ、アレルギー反応を起こす場合があります。噂になっている効能や効果を鵜のみにするのではなく、自分の体で確かめることが大切です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ