白米食べてダイエット!白米ダイエットの効果的な方法を教えます♪

白米ダイエットというものをご存知でしょうか?太ると思われがちな白米ですが、しっかりとルールを守って摂取すれば、白米を食べてもダイエットできちゃうんです。白米ダイエットの正しい方法を覚えて、3食きっちり食べても太らない体を手に入れましょう♪

白米は太る食材?

「低糖質ダイエット」「低炭水化物ダイエット」などの影響もあってか、
いつからか白米=太るという常識が定着してしまいました。
その為か、ダイエット中の食生活では白米を食べない、又は白米の量を減らし、
おかずを多めに取るという人も多いのではないでしょうか?
そんな方必見!白米は食べても太らない理由をご紹介します!

日本人は白米が体にあっている

私たち日本人の主食は長い間、白米だったこともあり、
遺伝子的にもインスリンが少なく、小麦粉で作ったパンや麺類よりも、
白米のほうが消化しやすい体質ということがわかっています。
また唾液から「アミラーゼ」という酵素を多く分泌するので、
白米を食べても余計な脂肪がつきにくく、太りにくい食材なのです。

白米はパンよりも脂質が少ない!

食材に含まれている栄養素で「脂質」。
この割合が高いと、炭水化物を消費・燃焼しにくくなることをご存知でしょうか?
食パンに含まれている脂質の割合は15%。
白米には2%しか含まれていません。
白米の脂質がいかに低いのかがわかりますね。
パンよりもスムーズに炭水化物の燃焼が行われるので、
白米は、脂肪となって体につきにくいため、
ダイエット中に食べても問題ないということがわかりますね。

ひとことメモ

「低炭水化物ダイエット」や「置き換えダイエット」で
一時的に体重を減らしても、食事を戻せば体重は増えますが、
白米をしっかり摂取しダイエットをすれば、
適量の白米を食べても体型キープができるほうがいいですよね♪

白米ダイエットの方法

白米ダイエットにはいくつかルールがあります。
ルールを守ることでダイエット効果は期待できます。
その後は体型維持を目的に続けていきましょう♪

白米ダイエットルール①食べる順番

白米ダイエットの中で一番大切なルールです。
白米は玄米に比べ、食物繊維がないので血糖値が上昇しやすい食材になります。
空腹時に白米を食べたら一気に血糖値が上昇下降するので、
インスリンも使い切れません。
必ず、
野菜(食物繊維)→大豆・肉(タンパク質)→白米(炭水化物)
の順で食べるようにしましょう。

白米ダイエットルール②食べ過ぎは注意

あたりまえですが食べ過ぎはNGです。
1食で茶碗普通盛りで1杯が適量です。
茶碗1杯で満腹感を感じれない人は、
ご飯をよく噛まずに食べているのが原因なので、
よく噛むことを意識しましょう。
習慣化されれば、食べ過ぎ予防につながりダイエットにも期待されますよ。

ひとことメモ

このルールを習慣にできれば、
太っている人はダイエットになりますし、
もともと太っていない人は体型キープにつながります。
ダイエットには栄養バランスも大事なので、
1汁3菜とバランスのいい食事をするようにしましょう♪

白米ダイエットをさらに効果アップ!

白米ダイエットをさらに効果アップする方法をご紹介します♪
とても簡単なのでお試しください。

冷ごはんを食べる!

白米の主成分はでんぷんです。
そのでんぷんが冷えることによって、「難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)」
というものに変わります。
このレジスタントスターチが、食物繊維と同じような働きをしてくれ、
便秘解消に効きます。
さらにレジスタントスターチには脂肪燃焼効果も!
冷ご飯には、痩せる効果があり、生活習慣病の予防にもなるので
白米をおにぎりにして食べるのもいいですね♪

白米とおかずは6:4

白米6割、おかず4割の食事にすることで、カロリーが燃焼されやすいと言われています。
6:4は見た目の量ではなく、全体のカロリーを指します。
意識してダイエットに取り組みましょう!

白米ダイエットが効果ない場合は。

白米ダイエットのルールをしっかり守っても効果がない場合は、
玄米や雑穀米に変えてみましょう!
白米よりも玄米のほうが栄養価が高く、
インスリンが急激に上がらないのでダイエットに向いています。
玄米が苦手な方は、雑穀米でもOKですよ♪

白米ダイエットのまとめ

白米ダイエットの効果と方法についてまとめてみました。
いろいろなダイエット方法がありますが、
一時的なダイエットよりも3食しっかり白米を食べて、
太りにくい体を作るほうがいいのではないでしょうか。
白米をしっかりとり、バランスの良い食事で内面も見た目もきれいを目指しましょう♪

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ