【初心にかえって】ガステーブルの使い方をマスター!【おさらい】

どこのお家にもあるガステーブル。火の料理はとっても美味しいですよね!ここで初心に帰って、ガステーブルの使い方を見直してみませんか?また、これから買い換えを検討している方やお料理初心者はこのまとめを見て使い方をマスターしてみましょう!

日常に欠かせないガステーブル!

毎日当たり前のように使っているのがガステーブルです。
美味しい料理にガステーブルは欠かせませんよね!

ですが、火を扱う分もちろん危険も伴いますね。
何気なく使っていますが、ここで一度初心に帰ってガステーブル使い方を見直してみませんか?
また、お料理初心者はこのまとめを見て、ガステーブルの使い方をマスターしてみましょう!

ガステーブルとは?

そもそもどういう物?

2口以上のこんろがあり、下部に魚を焼くグリルがあるガスを用いる調理用加熱機器のことです。

出典:https://kotobank.jp

こんろ+グリルの組み合わせで初めてガステーブルとなるわけですね。
また、ガステーブルの他にテーブルコンロ、ガス台といった別の呼び方があるようです。

選び方

ガステーブルには

・都市ガスを使用するもの
・プロパンガスを使用するもの

の2種類あります。
1機種につき都市ガス用、プロパンガス用が製造されているのでお住いに合わせてお買い求めください。

ガスのゴムホースも、ガスの種類で違うので購入時は注意が必要です。

大きさは2種類!

ガステーブルは、大きく分けて横幅が2種類あります。
新しく購入する際は、お住まいのスペースを合わせて選びましょう。

正しい設置の仕方

ガステーブルには強火力バーナーと標準バーナーが1つずつ付いています。
強火力バーナーは左右両タイプが販売されています。
強火力バーナーが壁側にならない方を選びましょう。

ガステーブルは、壁から15cm以上離して設置しましょう。
また、スペースが狭く難しい場合は防熱板を設置しましょう。

ガステーブルの使い方〜コンロ編〜

さあ、いよいよガステーブルの使い方の説明です。
安全に使うためにも正しい使い方をしましょう。

使い方1:換気扇をつける

一酸化炭素中毒を防止するため、必ず換気扇をつけましょう。
臭いこもりを防ぐためでもあります。

使い方2:ガスの元栓を開ける

使い方3:調理器具を五徳の上に置く

使い方4:火をつけ調理開始!適切な火力に調節

調理器具から火がはみ出ないように気をつけます。

使い方5:調理後、火を止めて終了

使い方6:ロックをかけ、ガスの元栓を閉める

小さいお子さんがいるご家庭では、いたずら防止のために必須です。

ガステーブルの使い方〜グリル編〜

お次はガステーブルのグリルの使い方です。

グリルは高温調理が可能です。
中までスピーディーに火が通るのが魅力です。
使い方を知らないのは非常にもったいないのです!

2種類あります。

両面焼きタイプ・・・上下にバーナーがあります。両面を同時に焼き上げます。

片面焼きタイプ・・・上バーナーのみです。表面を焼いた後に裏返して裏面を焼きます。

使い方1:下皿に水を入れます

これは必ず行いましょう!
焦げつき防止、油落ちによる発火の防止が主な目的です。
また、水によって食べ物を蒸らす効果もあります。

※水無しグリルの場合はこの工程は必要ありません。

使い方2:グリルを5分程度予熱で温めます

グリルを温めることで、焼く食べ物が網に付きにくくなります。

使い方3:焼きたい食べ物を入れます

グリルは奥の方が、そして中央より端の方が高温になります。
食べ物の火の通りやすさを計算して入れましょう。

使い方4:食べ物を裏返し、もう片面も焼きます

※両面焼きタイプの場合はこの工程は必要ありません。

使い方5:完成後は水を捨てて終了です

中まで火が通っているようならOK!
あとは下皿の水を捨て、洗って終了です。

ガステーブルのグリル、使ったことがないという方も多いのではないでしょうか。
使い方をおさらいしてみると、意外と簡単なことがわかりましたね!

ガステーブルの火がつかないときは?

・電池のチェックをしてみましょう

電池がきちんと入っているか、電池切れサインは出ていないかをチェックしてみましょう。※安全装置の制御に電池が入っていないと着火しない仕組みです※

・安全装置が働いているかもしれません

センサーによって調理器具の温度を計り、250℃を超えたところで自動で止まる仕組みになっています。
高温になりすぎた場合はこれが原因です。

・点火部分が濡れているかもしれません

掃除後や吹きこぼしがあった後などは点火部分が濡れてしまうことがあります。
もし濡れていた場合は柔らかい布で拭き取り、充分に乾かしてから再度点火してください。

安全な使い方をするために

ガステーブルは安全設計がなされていたとしても、安全性を左右するのは使用する私たちです。
今一度、誤った使い方をしていないかを確認しましょう。

・必ず換気扇をまわす

一酸化炭素中毒を防止するため、必ず換気扇をつけましょう。

ヤケドに気をつける

ヤケドから死に至るケースもあります。
細心の注意を払いましょう。

ゴムホースがきちんとハマっているか、劣化していないかを確認する

ホースが抜けているとガス漏れが起こり危険です。
また、ホースが劣化してひび割れなどを起こすこともあるのでこまめにチェックを。

ホースの交換目安は、ホースが硬くなったりひび割れを起こしたりしたときです。

・使用中は離れない

火災につながりかねません。
調理中は絶対にガステーブルから離れないでください。
また、揚げ物をする際にはガステーブルのセンサー付きのコンロで調理しましょう。

・純正品意外の部品の取り替えをしない

不完全燃焼する場合があり危険です。

・常に清潔に保つ

油汚れに引火する事故も多いです。
ガステーブルやその周辺は得に掃除はこまめにしておきましょう。

以上が安全な使い方の注意点です。
当たり前のことですが、どれか一つでも抜けてしまっていませんか?

おしゃれなデザインのガステーブル

おしゃれなデザインのものも結構あります。

パロマ カフェリ

リンナイ ホワロ

ハーマン 

ガステーブルの正しい使い方で美味しい料理を!

ご自身のガステーブルの使い方、改めて思い起こしてみていかがでしたか?
慣れは気の緩みを引き起こし、時には大事故につながりかねません。
今一度、ご自身の使い方を見直してみましょう。

あまりガステーブルを使ったことがない、これからガステーブルを購入するといった方は参考になりましたでしょうか?
正しい使い方をして美味しいお料理ライフを楽しみましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ