甘くて美味しいだけならいいのに!知られざるマンゴーアレルギーの話

マンゴーって美味しいですよね!高級なマンゴーはとっても高値で取引されていて高級フルーツの代名詞のような存在です!しかしそんなマンゴーには知らないと怖いアレルギー反応を起こす事があるんです。今回は、ちょっと気になるマンゴーアレルギーについて調べてみました。

マンゴーアレルギーとは

甘くて美味しいマンゴー。マンゴーが旬の時期にはレストランでもマンゴーフェアが行われるほど人気の高い果物ですよね。また、過去には宮崎県知事の影響で、たくさんの種類のマンゴーが店頭に並ぶようになりました。

そのまま食べても美味しい、またスイーツとして姿を変えても、これまた美味しい甘くてジューシーなマンゴーには、知らないと怖いアレルギー反応を起こす事があるのです。今回はそんなマンゴーのアレルギーについて調べてみました。

マンゴーアレルギーの原因

うるしは触るとかぶれる事で有名な植物ですよね。その植物のうるしと同じ科に、甘くて美味しいマンゴーがあるのです。そのことからも、マンゴーはかぶれやアレルギーを起こしやすい果物だという事が言えますね。

ウルシによるかぶれは、ウルシオールという成分が原因なのですが、マンゴーに含まれている成分のカルドールや、マンゴールはウルシオールと化学構造が非常によく似ており、主に果皮の部分に多く存在し、果肉にも少量存在しています。

出典:http://www.skincare-univ.com

マンゴーとウルシが同じ種類の植物だったなんて、少し驚きました。だとすると、マンゴーでアレルギー反応が出るのもうなずけますね。

ウルシをさわるとかゆくなった事がある人は、マンゴーにもアレルギー反応が出てしまうかもしれないので、注意が必要ですね。

マンゴーアレルギーの症状

マンゴーアレルギーはどのような症状が出るのでしょうか。

マンゴーアレルギーの症状は、全身、もしくは身体の一部に赤み、痒み、発疹、湿疹、蕁麻疹、かぶれ、口腔内の違和感、または腫れなどがあげられます。
特に、マンゴーを食した口の周りが、一番アレルギー反応を引き起こしやすいように見受けられます。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

マンゴーによってアレルギー症状が最も出やすいのは、何といってもマンゴーをむいたり、実際に食べた時です。マンゴーを食べてから1〜2日後に、唇やその周辺に、かゆみやただれなどのアレルギー症状が出ることがあります。

果物にアレルギーを持っている人は意外と多いですが、そのような方はマンゴーを食べる時にもアレルギーに対して注意が必要ですね。マンゴーアレルギーはマンゴーを食べてからすぐに発症する場合と、時間が経ってから発症する場合があるのですね。

時間が経ってから発症した場合は、アレルギーの原因を特定するために、食べたものを記憶しておく必要がりますね。

マンゴーアレルギーの注意点

マンゴーアレルギーを持っている事が分かった場合はどのような事に気をつければいいのでしょうか?

マンゴーのアレルギーが疑われる場合は、マンゴーの摂取をなるべく控えるようにしましょう。

出典:http://www.skincare-univ.com

やはり、マンゴーにアレルギーがある場合はマンゴーは食べない方がいいですよね。アレルギーは重症化すると怖い症状なので、軽視してはいけません。

マンゴーにアレルギーを持っている人は、ナッツなどにもアレルギーを持っている場合が多いです。ピスタチオや銀杏でもアレルギー反応を起こす事がありますので、注意が必要です。

そして、ゴムをさわるとアレルギーの症状が出てしまうラテックスアレルギーの人や、花粉症を持っている人もマンゴーによってアレルギー反応を引き起こす可能性が高いので、注意する必要があります。

マンゴーにアレルギーがあると、他にもアレルギーを起こす事があるというのは、他のアレルギーでも同じことが言えます。アレルギー反応を起こしやすい人は、起こしにくい人に比べて様々な食品や物質でアレルギーを起こす可能性があるのです。

マンゴーアレルギーを軽視しない

もしもマンゴーアレルギーを発症してしまったら、たかがマンゴーアレルギーなどと思わずに、医療機関での適切な対処が必要です。アレルギー反応は人によって様々な現れ方をするのですが、重症化するとアナフィラキシーショックを引き起こすことも報告されています。自分のアレルギーと向き合って、生活していくことが重要です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ