紫色の一粒に詰まったパワフルなブルーベリーの栄養と摂り方

ブルーベリーと言えば、目に良い果物やヨーグルトやケーキの具材としてのイメージが強いですがブルーベリーは目以外に効く栄養が詰まっています。今回はブルーベリーの栄養とその栄養をうまく摂る方法を紹介します。小粒の中のパワフルさを実感しましょう。

ブルーベリー

栽培品種の成木の樹高は1.5-3m。春に白色の釣鐘状の花を咲かせ、花後に0.5-1.5cmほどの青紫色の小果実が生る。北米大陸でのみ栽培される野生種に近い品種は数十cm程度の低木である。果実は北アメリカでは古くから食用とされてきたが、20世紀に入り果樹としての品種改良が進み、ハイブッシュ系、ラビットアイ系、ハーフハイブッシュ系、ローブッシュ系の交配により多くの品種が作出された。

出典:https://ja.wikipedia.org

大まかな品種はありますが数百種類を持つブルーベリーは環境に適した一粒が生み出されます。

どれも味は個性的で単に酸っぱいや紫色という概念に捉えてはいけない栄養の詰まった果実です。

ブルーベリーの栄養

アントシアニン

ブルーベリーの代表的な栄養であるアントシアニンは目の機能を良くする効果があります。

人間は目で物を見る為に目の網膜の「ロトプシン」というタンパク質を分解・再合成をする事が必要でロトプシンは酷使をすると再合成が出来なくなります。

ブルーベリーのアントシアニンとビタミンAを摂る事でロトプシンの栄養になるので、視力の改善にもなります。

目の以外のアントシアニンの効果

アントシアニンは目以外にも抗酸化作用があり、抗酸化の力はビタミンCの約5倍でカテキンに匹敵すると言われます。

アンチエイジングという視点でもブルーベリーの栄養がとても優秀です。

食物繊維

ブルーベリーは生で全てを食べる果物なので食物繊維を余すことなく摂る事ができ、水溶性と不溶性の両方の食物繊維で便秘解消に結びつきます。

食物繊維の量はバナナの2倍以上あるので腸内環境を改善しやすい栄養を兼ね備えています。

アルプチン

豊富なビタミンに食物繊維とありますがブルーベリーにはアルプチンという尿路を殺菌する効果のある成分が含まれていて、膀胱炎の予防・改善にもなります。

ブルーベリーの栄養を摂る方法

ブルーベリーの栄養を摂る方法:生で食べる

ブルーベリーの栄養を損なう事無く、確実に栄養を摂る方法としては生が一番ベストな方法で熱で効果が無くなるビタミンも活きた状態で体内に吸収できます。

唯一の難点は生での酸味や食感が苦手な人にはオススメ出来ない所です。

ブルーベリーの栄養を摂る方法:ドライフルーツ

ドライフルーツとしてのブルーベリーは生よりも日持ちが効きますのでゆっくりと消費することができます。ブルーベリーを調理すると紫の果汁でデザートが紫がかるってしまいます。

ドライフルーツにしたら、レーズンの様に使うことができ、凝縮されて栄養が摂れます。難点はビタミンCが乾燥すると減ってしまうという事です。

ブルーベリーの栄養を摂る方法:冷凍にして食べる

冷凍にしたブルーベリーは栄養が減りにくく、限りなく生に近い状態ながらも長期保存ができるメリットがあります。

冷凍にする事でブルーベリーの繊維も崩れやすく、加工しやすいのでシャーベットなどで細かくしてヨーグルトと混ぜて食べるという方法が出来ます。

ブルーベリーの栄養を摂る方法:スムージー

冷凍したブルーベリーを牛乳や氷を入れ、ミキサーにかけたドリンクで子供から大人まで飲みやすいドリンクでブルーベリーの他に果物を入れたミックスで様々な栄養を一杯に取り込めます。

ブルーベリーの栄養を摂る方法:ジャム

一般的な食べ方としてはブルーベリーをジャムして食べる方法があります。ジャムにする事で食べやすく、朝食で糖質のエネルギーとブルーベリーの栄養で幸先の良い朝を送れます。

注意点は砂糖の多いジャムを選び、食べ過ぎない事です。

ブルーベリーの栄養を摂る方法:サプリメント

毎日ブルーベリーを食べていては健康になるとは言えど、キツくなります。

そんな皆さんはサプリメントという方法がアントシアニンを一粒に濃縮させていて、数粒で栄養を摂るには効率的ですが栄養に偏りがあり、他の栄養は取れないので別の食品で補う必要があります。

ブルーベリーの栄養と相性よい食べ物

ブルーベリー+イチゴ

ブルーベリーのアントシアニンとイチゴのビタミンと栄養の足し算で

女性にうれしい美肌効果やアンチエイジングの効果があります。

デザートのトッピングでも赤系統の鮮やかな色なデザインになります。

ブルーベリー+ヨーグルト

ヨーグルトの善玉菌とブルーベリーの食物繊維で腸内環境の影響は大きく、朝食でも最適!

様々な加工がされたブルーベリーとヨーグルトは相性が良いのでバリエーションを生かして

栄養たっぷりのヨーグルトを楽しみましょう。

最後に

ブルーベリーという一粒は目や体にやさしい栄養が入っていて、食べ方もいろいろあります。

効果は速攻性はないので日頃から食べて、ゆっくり実感しましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ