安全安心!IHクッキングヒーターの使い方をまとめてみました!

オール電化の波によって一躍注目を集めているのが、IHクッキングヒーター。使い方についても見てみましょう。まだまだ知らないIHクッキングヒーターの魅力、と使い方を沢山掘り下げて行きたいと思います。これを読んだらより一層理解できること間違い無しですよ。

その一 IHクッキングヒーターとは?

電磁調理器(でんじちょうりき)とは、内部に配置されるコイルに流れる電流により、所定の種類の金属製の調理器具を自己発熱させる、加熱のための器具である。加熱原理は誘導加熱(英語: induction heating、IH)であり、IH調理器とも呼ばれる。ガスや火を使用せず、電力のみで動作する。一般的には、コンロ型をしている調理器具を言う。IH炊飯器などの、同じ加熱原理を用いる機器を含めることもある。
IHクッキングヒーターと言った場合は、コンロ型の調理器を限定して指す場合が多い。

出典:https://ja.m.wikipedia.org

なるほど、電磁調理器ですか
IHクッキングヒーターにも正式名称なるものがあったのですね。
電磁で調理をする機械。
これが火を使わないで調理を可能にしているわけですね。
IHクッキングヒーターが電磁を利用していることは分かりました。
では詳しい使い方を見てみましょう。

IHクッキングヒーターならではの癖と使い方の留意点、そして本当のクッキングヒーターの実態に迫ります。

その二 IHクッキングヒーターの使い方 IHクッキングヒーターならではの使い方の癖に注意

IHに適したお鍋を使いましょう
IHクッキングヒーターは鍋そのものを発熱させるしくみなので、快適に調理するためには、鍋の材質や形状が大きなポイントになります。IHの良さを最大限に活かす鍋をお使いください。

出典:https://www.tohoku-epco.co.jp

なるほど
火ではなく、鍋そのものを温める仕組みなのですね。
ぱっとみた感じは似ているようにも思えますが、温める原理は全く異なっているので、それ専用の調理器がいるのですね。

その三 IHクッキングヒーターの使い方IHクッキングヒーター用の調理器具とは?

さて、IHクッキングヒーターの温めの現理と使い方は分かってきました。
ガステーブルと同じような使い方は出来ますが、IHクッキングヒーターには専用の調理器具が必要とのこと。
いったいどのようなものなのか、使い方はいかに?
早速チェックしてみます。

土鍋や陶磁器、耐熱ガラス、アルミなどは使えませんが、ご家庭にある鉄製・ステンレス製・ホーロー製の鍋は使えます。ただ、底の丸い中華鍋は、ヒーターの表面に当たる面積が小さくなるため、熱効率が悪くなるのでおすすめできません。

出典:http://sumai.panasonic.jp


IHヒーターでは材質や鍋底の形状などによって、使える鍋と使えない鍋があります。一般財団法人 製品安全協会の鍋などをおすすめします。 なお、陶磁器(土鍋など)、直火用焼網は、IHで使えると表示しているものでも使わないでください

出典:http://kadenfan.hitachi.co.jp

おぉ…これは間違えないようにしたいところ。
うっかり間違えてしまうと機器を壊してしまうこともあります。
IHクッキングヒーター用の表記があるものであればOK。
ただし、認可が降りていても注意が必要な物もあるのですね。
火を使わないで安全ではありますが、ちょっとここらへんは気配が必要なようです。
料理の基本的な使い方は変わらないだけに戸惑いますが、しっかりIHクッキングヒーター対応の文字を確認し、使い方を守れば大丈夫ということでしょう。

こちらに使い方を説明した動画を貼っておきました。

とてもシンプルですよね!

この使い方のシンプルさがIHクッキングヒーターの強みでもありますね!

あっぱれといえるでしょう

お年寄りがいらっしゃるご家庭でも、ガスと使い方も大きくは変わらないのですぐなじむでしょうし、小さいお子様でも使い方もわかりやすく安全です。

その四 IHクッキングヒーターの使い方 ガステーブルとの併用は?

IHに対応の調理器具は、電気伝導性が無ければなりません。
従って、IHで利用可能な器具は、材質が制限されてしまいます。
対して、ガスは炎を利用するので、熱により破損しなければ問題ありません。
基本的にIH対応の調理器具も利用可能なハズです。

出典:http://cafe.cookpad.com

おお!
良かった!
ある程度は大丈夫なようです。
せっかく買ったのに使えないのでは寂しすぎますよね…。
ただし、両用しても大丈夫だと思われる。
ということをおわすれなきように。
使い方次第では器具、IHクッキングヒーターともどもお釈迦なんて悲劇がおきるやもしれません。
ある種電子器具として扱った方がいいのかもしれません。
IHクッキングヒーターなかなかの曲者でもありますね。

その五 IHクッキングヒーターの使い方まとめ

いかがでしたか?
IHクッキングヒーターは火を使わないため安全
お手入れ簡単です!
使い方も要点を抑えればまさにガスと同じ。
ただし、今回まとめたように使い方にはすこし癖がありましたね。
まとめると
調理器具はIHクッキングヒーター専用のものを用意すること
また使い方によっては対応品でも悪影響を及ぼすこともあること
ガステーブルと両用できる器具もあるので、火も使う人は両用を選ぶこと。
根本的な使い方はガステーブルと変わらないこと
でしょうか。
また、IHクッキングヒーターは機能面が優れており、焼付き防止や安全装備も充実しています。
なによりもこのIHクッキングヒーターの美味しいところは、電気代安くあがるところです。
家計的であることも人気のワケとなっています。
使い方も慣れてしまえば問題ないですしね!
指定の温度まできちんと測ってくれたりと高性能なものもあります
また卓上型のIHクッキングヒーターもあります。
IHクッキングヒーターの需要はこれから伸びる事でしょう。
そしてなにより、使い方のわかりやすさがいいですね!
コンセントに指すだけの簡単設計です。
火を使わない
というのは本当に安心感があるという方もいらっしゃるでしょう。
見た目もフラットで綺麗ですからね。
お子様にも使い方がわかりやすいのがGOOD!
一緒に料理をしてみたかったというお母さんの気持ちにもIHクッキングヒーターはその安全な使い方で答えてくれます。
しかしながら停電時は全く動かない
など欠点があるのも確か
使い方もすこし気を配る必要のあるIHクッキングヒーター
ですが今日のまとめをクリアすればキチンと楽しく正しい使い方ができるはずです!
ぜひ参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ