知ってるようで意外と知らない?オーブンとトースターの違いについて

よくレシピ本などで「オーブン」や「トースター」などと言った言葉を見かけますよね。この「オーブン」と「トースター」の違いはご存知ですか?意外と知っているようで知らない人が多いようです。ここではオーブンとトースターの違いについてご説明させて頂きます。

オーブンとトースターの違いを知ってますか?

「オーブン」と「トースター」、良く見かける言葉の割には実際にその違いの説明を求められると困ってしまいがちですよね。実際にはオーブンとトースターの違いを知っている人は、どのくらいいるのでしょうか?また、違いを知った上で調理に使っている人は、どれぐらいいるのでしょう?

オーブンもトースターも、同じような使い方をしたりするものの、実際には違いがあるのですですが、オーブンとトースターを感覚的に使い分けてみたりする人が多いように思います。そこで今回は、オーブンとトースターの違いについてご説明させて頂きます。知っているようで意外と知らないオーブンとトースターの違い、ぜひ覚えておいて下さいね。

オーブンとトースターの違い オーブンとは?

それではオーブンとトースターの違いについてご説明させて頂きます。まずはオーブンについてのご説明からさせて頂きますね。まず、オーブンとは、いわゆる「窯(かま)」と言った意味合いですよね。その意味合いからもわかるように、熱した空気や壁から発する赤外線により加熱したり、焼いたりできる調理器具がオーブンなのです。

オーブンは元々パン焼きに使われていた釜とも言われており、ギリシャ人が初めて正面から出し入れできるパン焼き用のオーブンを作ったとも言われています。

オーブンとトースターの違い トースターとは?

では次にトースターについてご説明させて頂きます。トースターには2種類あり、食パンを焼く時に使うトースター(食パンが飛びだすポップアップ式)と、乗せるタイプのオーブン式があります。トースターは日本や北米では一般的にな家庭でも愛用されているのですが、パンを焼くトーストを食べる習慣のないヨーロッパの国ではあまり見られません。

オーブン型のトースターは、パンを焼いたりピザトーストなど具材をのせてそのまま焼いたりできますし、お餅を焼いたりすることもできるのでとっても便利なものです。オーブンとトースターについては、これである程度わかりましたが、ではその違いについてはどうでしょう?どのような違いがあるのでしょうか?

オーブンとトースターの違いとは?

では、オーブンとトースターの違いは何でしょうか?その違いは、それぞれの家電を使う時の調理で考えれば、案外その違いは簡単に気づくかと思います。まずオーブンは、内部の温度を上げて素材に火を通していきますので、ローストビーフやローストチキンなどの塊の肉を、中までしっかりと火を通して焼くことが出来たり、大きなケーキなども焼くことが出来きます。素材そのものに火を通すことが出来ると言うわけですね。またオーブン調理は、直接火が当たるわけではないので温度管理ができる為、長時間調理に向いているとも言えます。

しかしトースターは、パンに焦げ目を付けたりピザやお餅を焼いたりする時に使いますよね。トーストの意味としては、きつね色に焼く、あぶるなどの意味があります。と言うことは、トースターはあくまで焦げ目を付けるというのが主流の役割となるわけです。トースターは素材に直接、熱(赤外線)を当てて調理するので、表面はすぐ高温になり焦げ目が付きます。そのため、適度に焦げ目がついたほうがいい料理や、表面をぱりっとさせたい料理などに使うと良いですね。

オーブンとトースターの使い分け方

上記でオーブンとトースターの違いについては、ある程度はご理解いただけたと思います。では、オーブンとトースターでは同じような使い方をする時もあるのですが、上記での違いを踏まえた上での使い分け方をご紹介します。まず、クッキーやマフィンなどはトースターでもオーブンでもどちらでも調理することが出来るのですが、上記の違いを踏まえて考えると、クッキーやマフィンなどはやはり中まで火を通した方が良いため、オーブンの方が仕上がりが早いと言えるでしょう。

逆にピザやグラタンなどは、もちろんこれらもトースターでもオーブンでも調理することが出来るのですが、上記の違いを踏まえた上で考えるとトースターで調理する方が、短時間ですぐに焦げ目を付けることが出来そうですよね。そのため、ピザやグラタンなどの調理にはトースターを使う人が多いようです。トースターはオーブンとは違い、事前に必要な温度に温めておく必要もないため、手軽に使えるのも便利ですよね。

まとめ

いかがでしたか?オーブンとトースターの違い、ある程度はご理解いただけましたでしょうか?簡単にその違いをご説明するならば、オーブンは素材そのものの中までしっかりと火を通すもの、トースターはあくまで焦げ目をつけるのが主流の使い方となるのです。また、トースターはオーブンとは違い、事前に温めておく必要が無いことも大きな違いですよね。オーブンとトースターは、とっても良く似た使い方をするのですが、その調理の仕方で違いがあるようですね。今後はそれぞれの違いを把握した上で調理してみては?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ