包丁の使い方 まな板の滑り止め包丁を動かす時に、まな板がぐらぐらでは危険ですので、滑り止めをしておくことが大切です。 市販の滑り止めを使うか、写真左のように、絞ったタオルを下に敷いてからまな板を設置します。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ

TOPへ