お箸は片方の端は「神様のもの」、もう片方の端は「人のもの」として、神様と人とを結ぶ道具と考えられてきました。毎日使うお箸には使う人の魂が宿るとも言われています。毎日の生活に欠かせないお箸は「架け橋、橋渡し」の意味からもプレゼントとして喜ばれるものです。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ