あなたはどれくらい知っている?ココナッツオイルの使い方!

今や美容や健康で注目されている【ココナッツオイル】ですが、様々な使い方をされていますよね。ココナッツオイルをあなたはどれくらい知っていますか?そこで今回は、今注目の健康食材【ココナッツオイル】の性能と使い方を紹介いたします!

ココナッツオイルって何?

【ココナッツオイル】その名前は今注目の健康食材ですので聞いたことある人はいると思います。
芸能人でも、美容で使っているという方が多いですね。

そんなココナッツオイルですが、いったいどんなものなんでしょうか?また、どういう使い方をするのでしょうか?

ココナッツオイルは、ココヤシから作られる油脂のことで【ヤシ油】と言われています。
ヤシ油といえば、シャンプーなどにも含まれていたりするので聞いたことある人は多いかもしれません。

ココヤシ果実(ココナッツ)の巨大な種子の内部にある胚乳から抽出し、精製されるものをココナッツオイルと言います。

しかし、アブラヤシ(パームヤシ)の果肉から作られるパーム油も「ヤシ油」と呼ばれることがあるため、区別をつけるために【ココナッツオイル】と呼んでいます。

どうやって作られるの?

ココナッツオイルは、ココヤシ果実の種の中にある胚乳を乾燥させ、それを圧力をかけて絞り、原油がとれます。それをさらに精製工程を経て製品化されます。

生のココナッツを精製したものは「バージンオイル」とよばれ、グレードの高いココナッツを精製した場合は「エキストラバージンココナッツオイル」と呼ばれます。

ココナッツオイルの成分は?

様々な使い方のあるココナッツオイルですが、食材・美容として気になるのが「成分」です。

ココナッツオイルは、ラウリン酸が50%弱、ミリスチン酸が15%~20%、パルミチン酸が10%弱と不飽和脂肪酸が多く含まれています。抗酸化作用のある成分です。
更には消化・代謝されやすい中鎖脂肪酸が含まれていますので健康にとても良いのです!

しかし、【ココナッツオイル】という名前だけに脂質の塊ですので、食べすぎには注意です。

今注目の【ココナッツオイル】の使い方~食材編~

体に良い脂肪酸がたくさん含まれているのは理解できましたが、食材としてどんな使い方ができるのでしょうか?
その使い方をいくつかご紹介いたします♪

ココナッツオイルの使い方①パンに塗って食べる

ココナッツオイルの使い方のオーソドックスなものは、この「トーストに塗って食べる」だと思います。
融点がとても低いオイルですので、スプーンですくえます。

ほんのりココナッツの香りのするトーストに仕上がるので、朝食におすすめです。パンは食パンよりもフランスパンのようなものが合うようです。

ココナッツオイルの使い方②コーヒーに入れる

ココナッツオイルを普段から取り入れる使い方として、このコーヒーに入れて飲むのが効果的なようです。
コーヒーに入っているカフェインとココナッツオイルの中鎖脂肪酸が体脂肪燃焼に一役買ってくれると好評なのです!

味はココナッツフレーバーのコーヒーでまろやかな口当たりになります。
よりおいしく飲むには、コーヒーとココナッツオイルをミキサーに入れて攪拌するのがいいですよ♪

ココナッツオイルの使い方③バターやマーガリン代わりに使う

こちらはレシピでも多く出回っていますが、オリーブオイル同様バターやマーガリンの代わりとして使う使い方です。

バターやキャノーラ油と比べると健康面で良質な成分が多いので使われるようです。ただし、ココナッツオイルの香りが残りますので、ものによってはケンカしてしまうかもしれませんね。

甘い香りがするので、砂糖が少なくて済む!という声も上がっていますので使い方には注意して使いましょう。

今注目の【ココナッツオイル】の使い方~美容編~

使い方が豊富なココナッツオイルですが、美容にも効果があるんです!
そちらも少しだけご紹介します♪

ココナッツオイルの使い方①スキンケアに使う

ココナッツオイルは皮膚からの吸収率が高いので、食べるよりもスキンケアで使ったほうが効果的です。
ココナッツオイルは融点がとても低いので、手に乗せたら溶けてしまいます。

スキンケアでの使い方はとってもカンタンです。

洗顔後に液体状にしたココナッツオイルを1・2滴とってお肌に塗ります。すると翌朝モチモチ肌に!

また、液体状のココナッツオイルを500円玉ほどとりマッサージするように塗り、ぬるま湯で洗い流せばすっきりとした顔になります!

ココナッツオイルの使い方②髪・頭皮ケアとして使う

保湿性の高さから、髪の傷みを防ぐヘアオイルとしても効果があるんです!

使い方は、液体状にしたココナッツオイルをシャンプー後の髪に塗るだけ。
頭皮ケアとしての使い方は、髪の毛と同様に液体状にしたココナッツオイルを頭皮になじませるようにマッサージします。すると、毛穴の汚れが取れ、クレンジング効果で抜け毛防止になります。

ココナッツオイルの使い方③乾燥防止に口元・目元ケア!

冬になると【乾燥】が気になりますよね。
ココナッツオイルには保湿効果があることから、乾燥ケアにも役立つんです。
その使い方は、口元だと洗顔後にココナッツオイルを塗るだけ。そうすることで化粧水の浸透も高まるのだとか。
目元のケアとしての使い方は、乳液やクリームに混ぜて塗るだけ。

とってもお手軽で、しわも防げるそうですよ!

他にもある!ココナッツオイルのいいところ

食材と美容に分けて紹介しましたが、ほかにもココナッツオイルの使い方・効能があるんです!

ココナッツオイルにはダイエット効果・アンチエイジング効果・美容効果がありますが、注目したいのが【アルツハイマー症の予防・改善】【コレステロールの吸収を抑える】ことです。

アルツハイマー病の予防・改善にはやはり、中鎖脂肪酸の効果が大きいようで、ブドウ糖は中鎖脂肪酸が肝臓で分解されて合成されます。そして、ブドウ糖が吸収されにくくなった脳細胞に、ケトン体で栄養を補います。
そうすることで、脳細胞の破壊を食い止めることが期待されているのです。

最後に

万能オイル【ココナッツオイル】の使い方は豊富で、紹介した使い方のほかにも様々なものがあります。

使い方次第でそんなものにも変身してしまうココナッツオイルですが、あくまでも油脂ですので取りすぎには注意です!

使い方を間違えず、上手に毎日の生活に取り入れていきたいですね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ