れんこんの保存方法!おいしくれんこんを長持ちさせる方法!

みなさんれんこんはお好きですか?あのかりっとした病みつきになる歯ごたえのれんこん、美味しいですよね。今回はそんなれんこんをおいしく、長く保存する方法を伝授します!これであなたもれんこんをもらっても大丈夫。それでは保存方法を見てみましょう!

れんこんの保存方法は?

れんこんの保存ですが、れんこんの状態によっても大きく変わります。
生なのか、切ってあるのか、加工の具合でも大きく変化します。
今回はそのパターン分けもしながら見ていきたいと思います。
これを見ればあなたもれんこんの上手な保存方法が分かるはずですよ。

れんこんの保存にはどんな気遣いが必要なのでしょうか?

生のれんこんを保存するためには?

まずは生のれんこんの保存です。
生のれんこんを保存する場合なら、ふしの途中で切れている場合は穴の中に空気が通らないようにラップ等で包んで冷蔵庫に入れておきましょう。

一節ごとであれば濡れた新聞紙などで包んでビニール袋に入れ、湿気が飛ばないように工夫します。
これらの場合であれば10日前後の保存が可能です。
大量に新鮮なれんこんをもらった場合はこの方法で保存ができますよ。

レンコンがまるっと一節入る容器にレンコンを入れ、レンコンが完全につかるまで水を入れます。レンコンの穴から空気をなるべく抜きましょう。

出典:http://recipe.rakuten.co.jp

美味しく保存するなら、空気が入るのは厳禁!

レンコンは水の中で育ちます。ですから湿った環境が大好き。乾くとすぐに傷んでしまいます。湿った新聞紙に包み、ビニール袋でしっかり保護してあげてから野菜室へ。これでずっともつようになります。
ただ、夏の時期に出回る新レンコンは身がしっかり詰まっていないレンコンですから、食べきれる分だけ購入し、美味しいうちにいただくようにしてください。

出典:https://iemo.jp

一度れんこんを調理して冷凍保存する!

一度茹でてから保存する方法もありますよ。
こちらの場合ですと、まず皮をむいて多めの酢と一緒に茹でます。
茹で上がったら水に入れて冷ましましょう。
もちろんこの時に味付け等をして調理してもオッケーですよ。
その後、冷凍して保存をします。

冷凍保存もできますよ!

後は使う時に解凍するだけなので非常に楽に仕上げることが可能なはずです。
この保存方法最大の利点は何と言っても長期保存が可能なところです。
残念な部分をあえて挙げるなら大きく食感を落としてしまうところでしょうか。

皮を剥いて酢水で茹でたレンコンの水分をしっかり切り、フリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存します。輪切りなどの場合は、あまりレンコン同士が折り重ならないように注意してフリーザーバッグの中に入れておくと、調理する時もわずらわしくないでしょう。冷凍保存したレンコンを使用する際は、自然解凍してから使うか、直接凍ったまま調理します。

出典:https://upin.jp

れんこんの保存をより効かせる方法!

またれんこんの保存期間を伸ばす方法としては
れんこんのアクに気をつけるということが挙げられます。
切ったらすぐに水につけておかないと変色してしまいます。
この変色を防ぐならば、水につけることを忘れないようにしましょう。

酢を入れて茹でるのはれんこんの変色を防ぐためでもあり、きちんと行うことで美味しそうなままのれんこんを保存することが可能になるというわけです。
またれんこんを買う時にはその鮮度にも注目です。
状態の良いれんこんならより保存も楽にできるのでオススメと言えますよ。

れんこんに傷がないか、切り口が青黒くなっていないか、形は綺麗か
など少し確認するだけでも大きく変わりますからしっかりチェックしたいところですね。
美味しいれんこんを選ぶコツはこういった小さなところの積み重ねであり、さらにはれんこんを美味しく長期保存するにあたっては特に重要な役割を果たしますからしっかりチェックして購入しましょう。

れんこんは水を入れた田んぼの中にあるため
光や空気に当たったり、乾燥を嫌います。
ラップもしないで気温が高いときに常温で置いておくと
1日で悪くなります。正しい保存方法は大切です。

出典:http://www.tk2.nmt.ne.jp

れんこんの保存 まとめ!

いかがでしょうか?れんこんの保存方法について見てみました。
美味しいれんこんをみなさんでぜひ味わってください。
ご自宅でれんこんを購入された際には今回の保存方法をぜひ参考にされてくださいませ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ