子供から大人まで大好きポップコーン♡その驚くべきカロリーとは!?

今ポップコーンの人気は物凄く、ポップコーン専門店まで出来るほど。気になるのはカロリーですが、キャラメルやバターが使われたポップコーンのカロリーは実際どうなの??ここでは高カロリーと予想されるポップコーンの実際のカロリーや低カロりーなポップコーンレシピを大公開!

みんな大好き!!ポップコーン~カロリーやダイエットレシピ公開!!~

ポップコーンは何で作られているか。元々の原料はポップ種という爆裂種のトウモロコシでつくられており、そのトウモロコシを乾燥させ、油やバターを引いたフライパンなどで炒り、弾けさせて作ります。映画館などではもうお馴染みのお菓子ですね。また、テーマパークなどでも良く売られていたり、自分で家で作ったりすることもできます。

色んな味があるポップコーン☆それぞれのカロリーを大公開☆

・ポップコーン*塩味(100gあたり)
484キロカロリー

・ポップコーン*バター&しょうゆ
488キロカロリー

・ポップコーン*キャラメル味
544キロカロリー

・ポップコーン*チェダー&ゴータチーズ味
800キロカロリー

*一番カロリーの低いポップコーンは塩味、一番カロリーの高いポップコーンはチェダー&ゴータチーズという意外な結果が出ました。
キャラメルが一番テイストの中では甘くていかにもカロリーが高そうなのですが、チェダー&ゴータチーズが一番カロリーが高いという結果に。2種類のチーズを使うことによってカロリーの数値も大きく変化するのではないかと考えられます。

ポップコーンは実は「黄金のスナック菓子」だった!!

ポップコーンは実はアメリカで、「ポップコーンは抗酸化物質を含む黄金スナックである」という研究結果が出ており、健康にも良いことが分かっています。また、果物や野菜と比べてポリフェノールが2倍の含有量で、ポップコーンの殻には食物繊維も含まれています。ということはポップコーンはダイエット食品としても十分に使えそうですね♪
セルフでかなり低カロリーなポップコーンを作ることも出来ます。ポップコーン豆を自分で購入し、ノンオイルでレンジを使って作るという手もありますよ。
キャラメルやチーズといった高カロリーなものを味付けに使うのではなく、ここは我慢して、一番低カロリーな「塩」で味付けて食べるのが良さそうです。

低カロリーなポップコーンの作り方大公開!!

油を使わないから低カロリー♡なレンジでチンの簡単ポップコーン

用意するもの
・マグカップ
・コーン粒
・塩

作り方
①マグカップの中に重ならないようにコーン粒を敷き詰める。
②ラップをしてレンジで1分チンする。

ポイント
・弾ける音が鳴るのでだいたい弾ける音がしなくなった頃が出来上がりの目安。
・出来立てはマグカップが熱くなっているので注意。

*油やバターを使わないかなり低カロリーなポップコーンの出来上がり♪とっても簡単でしかも美味しい、ヘルシー♡お好みで塩を振ってお召し上がりください☆

低カロリーポップコーンダイエットのやり方☆

腹持ちが良く食物繊維も豊富☆ポップコーンダイエットで簡単楽やせ!

ポイント
・市販のポップコーンより手作りポップコーンの方が調味料をふんだんに使われている高カロリーなポップコーンよりもお手軽に低カロリーに作れるのでおすすめです☆

低カロリーポップコーンダイエットの効果

低カロリーポップコーンダイエットはカロリーダウンによるダイエット効果と、食物繊維の効果でお通じが良くなり結果ダイエットにつながる効果があります。
野菜や果物ではなくお菓子といったものから食物繊維が取れてダイエットにつながるなんて、とてもお手軽に実行でき比較的老若男女問わず好き嫌いなく食べれる食べ物ですので、実行しやすいとうメリットがあります☆

やり方は2つ

①一日3食のどれかひとつの食事をポップコーンに置き換える方法
*一食分のカロリーを大幅に減らすことができます。
②間食をポップコーンに置き換える方法
*普段食べている高カロリーなお菓子(チョコレートやスナック菓子)の代わりに自分で作った低カロリーなポップコーンを間食時に食べます。

低カロリーポップコーンダイエットの口コミの反応

☆1.5か月で3キロのダイエットに成功した!!
☆毎回同じ味のポップコーンだと飽きる・・・。

*賛否両論の口コミで様々な意見がありました。
確かに毎回プレーンのポップコーンだと少々飽きが来てしまう場合も。そんな時はカレー味やバジル味程度に味を変えて、低カロリーなポップコーンを食べるということを維持出来たらいいのではないでしょうか。

ポップコーン*カロリー まとめ

いかがでしたか?

市販のポップコーンはかなり調味料が使われていて、結構高カロリーなものがほとんどでした。
健康志向の方や、ダイエット中の方は是非自分で低カロリーのポップコーンを作ってみてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ