美味しいけど傷みやすい「いちご」 保存法を知って長持ちさせよう!

可愛いビジュアルの真っ赤な果物「いちご」。旬の時期には店頭に並び、甘い香りが魅力的ですよね!そんないちごですがあまり日持ちはしないため、食べようとした時には傷んでいた。。なんて事もあります。そこで、いちごの保存法をご紹介!保存法を知り長持ちさせましょう♪

真っ赤なくだもの「いちご」

その愛らしい見た目から、アクセサリーなどのモチーフにも使われるいちご。まずは、いちごの旬と、選び方をご紹介します!

いちごは植物学では「野菜」として分類されている食材です。ですが、青果市場では「果物」として扱われている食材なんです!今の日本では、いちごの扱いを統一する基準が無いので、「野菜にも果物にも変化する」不思議な食べ物なんですよ♪

◆いちごの旬を知ろう!

いちごの品種は多いですが、基本的に「あまおう」「とちおとめ」「さちのか」「さがほのか」が5大品種となっています。この5種だけで、全生産量の8割近くを占めているというのですから驚きです!!
いちごが店頭にたくさん並ぶのは12月~2月にかけてが多いですよね。でも、本来露地物の旬は3月~4月くらいなのです。

いちごはケーキなどで使われることが多いため、ハウス栽培や品種改良のがどんどんされていき早く出荷されるようになったのです!ですが、現在でも露地物は4月が旬で甘みが強く、美味しいものが多いのですよ♪
こういったことを考慮すると、いちごが最も美味しく沢山出回る時期は1月~3月であると言われています。

美味しい「いちご」を選ぶには?

せっかくいちごを食べるなら、美味しいいちごを選んで買いたいですよね!
そこで、甘くて美味しいいちごの選び方をご紹介します♪

◆美味しい『いちご』の選び方

まず最初に見るべきは、いちごの光沢です。

十分にヘタの近くまで色づき、鮮やかでムラが無いかを見ましょう。表面に艶・光沢があり、粒々が立っているものを選ぶか、表面に産毛のようなものが残っているものを選ぶといいです!もちろん、表面に傷がないもの、ヘタの周辺が白くなっていないと言うこともポイントですよ。

いちごのヘタにも注目しましょう!摘みたてで新鮮ないちごはヘタが緑鮮やかで、ピンと先が立っています。

鮮度が落ちるとともにヘタは萎びていくので、注意して見るといいです。パックに詰められているいちごの場合は、下の段のいちごからチェックしましょう。パックに詰められている物は上の段は綺麗なものを、下の段にはそれほど気を付けていない物が多いのです。柔らかくなっていたり、白っぽく変色している物、汁が出ているようないちごは選ばないことをお勧めします!

いちごの保存法 その1『生のまま食べる場合』

いちごが旬の時期は、生で食べる事も多いですよね。いちごは生のままでの保存は傷みが早いため悩む方も多いはず。。

そこでまずは、いちごの保存で一番困りやすい「生のいちご」の保存法をご紹介します!

◆生のままでの保存法

生のいちごは常温での保存に向かない果物です。

常温で保存してしまうと傷みが早くなるので、冷蔵庫での保存が最適でしょう。いちごは大抵パックに入れられた状態で売られていますが、保存する時はパックから取り出して、浅めのタッパー容器などに移してから保存するほうが長持ちします。買ったパックのまま保存してしまうと下の段のいちごから重みで傷みだしてしまうので、手間を加える必要があるのです。

タッパー容器などに入れる際は、底にキッチンペーパーを引き、ヘタを下にして重ならないように置きましょう。

そして最後にラップをして冷蔵庫に入れる方法が一番長持ちしますよ!保存する前にいちごを洗わないようにして下さいね。水分が付着しているとそこからカビが発生しやすくなるからです。この保存法では、約4日~5日ほど持ちます。最大1週間は持ちますがそこまで置いておくと栄養成分が少なくなり、美味しくなくなってくるので早めに食べましょう。

いちごの保存法 その2『冷凍保存』

◆いちごは冷凍保存が可能!

いちごは冷凍保存ができる果物です。生のままだと傷みが早いので、傷む前に早めに冷凍保存してしまいましょう!
いちごを冷凍する際にはまず、いちごを洗い付着した水分を綺麗に拭き取ります。次にいちごのヘタを取り、フリーザーパックに入れて空気を軽く抜きましょう。そしてこのまま口を閉め、冷凍保存すれば完了です!

冷凍保存したいちごを解凍するときは、完全に解凍してしまうとふにゃりとした食感になっているのであまり美味しくありません。なので、半解凍状態でシャーベットとして食べるのがお勧めです!シャリシャリした食感といちごの強い香りがして美味しいですよ♪ ジャムやピューレとして調理する場合は、完全に解凍してから使っても大丈夫です。冷凍での保存期間は約1か月~2か月程度です。

冷凍いちごを使ったメニューをご紹介 ♡

いちごを生のまま食べたい場合は冷蔵保存するのが一番ですが、冷凍保存したいちごは逆に様々な活用法ができるんです!

◆冷凍いちごの活用法 1

まずは、冷凍保存したいちごを使った『いちごシェイク』をご紹介します!

作り方はとっても簡単。ミキサーに、冷凍いちご・牛乳・砂糖をお好みの量を入れ、あとはミキサーにかけるだけ!いちごの風味が強いのが好きからいちごをたっぷりと使いましょう。牛乳を小量にして、代わりにバニラアイスを入れるとさらにシェイクっぽくなり美味しいですよ!

◆冷凍いちごの活用法 2

お次は、冷凍いちごをたっぷり使った『かき氷』を紹介します!

冷凍いちごを好きな量取り出し、いちごと氷をかき氷機に入れあとはスイッチを入れるだけ!氷を少な目にして冷凍いちごを多めにすると美味しいですよ。とっても贅沢な食べ方ですよね♬ 最後に上から練乳をかけると甘さと酸味が程よくハマってしまう美味しさですよ!

いちごの保存法 まとめ☆

いちごは追熟しない果物なので、その分傷みが早く保存がきかない果物です。生で食べたいのであれば冷蔵保存しかありませんが、ジャムやピューレ等に加工する場合には冷凍で保存するのが最適ですよ!冷凍いちごは様々な使い方ができるので、いろいろ試してみてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ