新鮮に食べたいブロッコリー☆ ブロッコリーの保存どうしてますか?

ブロッコリーは、美味しいけどすぐ黄色く変色して、日持ちがしないのが難点ですね。でも、ブロッコリーの保存方法によって新鮮に日持ちをさせることもできるんです。どのように保存させればいいのか、今回はブロッコリーの保存方法についてご紹介します。

ブロッコリーの保存方法

あなたは、ブロッコリーをどのように保存していますか?一言で保存すると言っても保存方法はたくさんありますよね。冷蔵庫で保存する場合、冷凍庫で保存する場合など様々です。
今回はブロッコリーを美味しく新鮮なままで食べるための保存方法をご紹介します。保存方法が適切ならば、いつでも新鮮なブロッコリーを食べることができますよね。

ブロッコリーを生で冷凍保存する場合

ブロッコリーを冷凍保存する場合、多くの方は、塩茹でしてから冷凍保存するのではないでしょうか?ブロッコリーは塩茹でしてから冷凍保存すると、実はしなしなになってしまうんです。ブロッコリーを冷凍保存する場合は、茹でずに生のまま冷凍してください。小房に分けてカットし、冷凍しておけばokですよ。

ブロッコリーの冷凍保存方法


1.ブロッコリーを小房に分けて切り落とす。
2.サッと洗って水気を切り、重ならないようにジップロックやビニール袋に入れ、冷凍する。

出典:http://news.cookpad.com

冷凍保存した生のブロッコリーを使うときは?

使用する際には、使う分だけビニール袋から取り出し、シリコンスチーマーに水・塩を入れてレンジで2分ほど加熱すればOK。1回分ずつ、小袋に入れて冷凍しておくのもいいかもしれませんね。

出典:http://news.cookpad.com

冷凍ブロッコリーの保存期間は?

冷凍ブロッコリーの保存期間は、1か月程度です。ブロッコリーの最適な保存方法は冷蔵保存なのですが、たまたま、お店で安かったので沢山買ってしまったなど購入した日から2〜3日で食べきれなさそうな場合は、早めに冷蔵保存することがオススメです。

ブロッコリーを冷蔵庫で保存する場合

ブロッコリーを冷蔵庫で保存する場合は、買ったらすぐにビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で立てて保存しましょう。保存する場合は、周りについている葉を取ってから、軽く湿らせた、新聞紙かキッチンペーパーに包み、その上からラップで包むか、ポリ袋に入れて野菜室で立てて保存します。生の状態で保存しているので2〜3日で食べきりましょう。

ブロッコリーは腐るとどうなる?

・異臭がする
・カビが生えてきている
・茶色く変色している
・ぬめりがある

出典:http://xn--ruqt3z0li9lh.com

お店での新鮮なブロッコリーの選び方

お店でブロッコリーを買うときは、下に箇条書きになっているようなブロッコリーを買ってください。ブロッコリーの鮮度が保たれているものです。お店で買うときは、しっかりとブロッコリーをチェックしてから買うことがとても大切です。ブロッコリーに限らず、野菜類を買うときはしっかり鮮度をチェックする習慣をつけることが大切ですね。

・しっかりとつぼみが閉じている(詰まっている)
・軸を持ち、軽く振ってみて、パラパラとつぼみが落ちないもの
・濃い緑色もしくは、紫がかっているもの(黄色はダメ)
・茎の切り口がみずみずしいもの(空洞があったらダメ)

出典:http://xn--ruqt3z0li9lh.com

冷凍保存したブロッコリーのレシピ

鮭のグラタン

鮭とクリーム系がよく合うグラタンです!冷凍保存したブロッコリーをささっと入れれば、栄養バランスも抜群ですね。冷凍保存したブロッコリーを美味しく使えるのでとても便利ですね。是非、一度作ってみてくださいね。

白だしスープおでん

和風のスープや洋風おでん、ポトフ風など冷凍ブロッコリーはスープやおでんに大活躍です。温野菜は美容にいいのでブロッコリーをたっぷり食べれるのがいいですね。夏でも、意外とさっぱり食べれる一品です。

お弁当レシピ 冷凍ブロッコリーわさびマヨ和え

簡単でささっとできるお弁当レシピです!ブロッコリーを冷凍保存しててよかったと思いますよね。お弁当はもちろん、何か一品足したいときに大活躍です。短時間で美味しい冷凍ブロッコリーのレシピです。

イカとブロッコリーのマヨ炒め

実は、イカとブロッコリーは相性がとてもいいんです。知ってましたか?また、マヨネーズで炒めるのでコクが出てとても食欲がそそられます。イカと冷凍ブロッコリーがあれば、おいしい夕飯のおかずが一つできあがりますよ♪

ブロッコリーの保存方法

今回は、ブロッコリーの保存方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
ブロッコリーがあれば、お弁当のおかずに・・夕食の一品に・・いろいろ便利ですよね。あなたも、ブロッコリーを上手に保存していろいろなお料理を作りたいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ