健康も若々しさも美しさも、玉ねぎの効能を生かせば実現する!

玉ねぎが健康に良いというのは昔から言われてきていますが、具体的にどのように調理したり効能を生かした食べ方を工夫することができるかを調べてみました。想像以上にすごかった!玉ねぎの持つパワーと効能。それらの効能を食事に取り入れて、健康も美しさも手に入れよう。

玉ねぎは昔からパワフルな野菜だった

玉ねぎを食べると元気になる、というのはよく聞くことですが、これははるか昔、紀元前から信じられてきたことなのです。

今から数千年前、古代エジプトでピラミッドを建設するときの労働者は、スタミナをつけるために玉ねぎを食べていたという記録があります。正確なデータがあるわけではない時代に、人々は自分たちの身をもってして玉ねぎの効能を実感していたのですね。

玉ねぎの主な栄養と、効能

玉ねぎに含まれる栄養成分としては突出して優れているものはありませんが、ビタミンやミネラル、食物繊維がバランスよく含まれていますので、日々の食事に取り入れることで不足しがちな栄養を補うことができます。

しかし玉ねぎがパワーの源のように言われているのは、その辛み成分の中に含まれている物質の効能によります。

玉ねぎの辛み成分の硫化プロビルや、刺激的な香りの成分のアリシンには、現代の私たちの健康にもとても必要とされる、血液をサラサラにしたり、疲労回復に役立つ効能があります。

血液サラサラの効能 硫化プロビル

血液をサラサラにしてくれる効能を持つ硫化プロビルは、特に新鮮な切りたての玉ねぎに多く含まれ、調理中に気化した硫化プロビルを吸い込むだけでも体内に吸収されます。
硫化プロビルは中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効能があり、血液をサラサラにしてくれる働きを持ちます。

疲労回復の効能 アリシン

またアリシンは疲労回復や不眠を解消する働きがあり、消化機能を高める効能もあります。

強い抗酸化作用を持つケルセチン

玉ねぎに多く含まれる色素成分のケルセチンはポリフェノールの一種で、玉ねぎの皮に多く含まれる成分です。
ケルセチンは強い抗酸化作用を持ち、体内で発生する活性酸素を抑制する効能があります。

活性酸素は私たちが息をしたり体を動かしたり、食事をしたりする中で必ず発生するもので、活性酸素の働きにより私たちの細胞は酸化し、老化していきます。

肌の細胞が酸化するとしみやしわが増え、柔軟性が失われます。血管も同じように柔軟性が失われ、それにより動脈硬化や心筋梗塞などの血管の病気の原因が生まれます。

酸化を防ぐという効能は健康だけでなく、美しさのためにも重要なことです。

ケルセチンを多く摂取すると酸化した物質を還元化することができ、それによって細胞の老化を遅らせることができ、結果的に体を若々しく保つという効能を生かすことができます。

玉ねぎの効能を生かす食べ方は?

これらの玉ねぎの優れた効能を生かす食事をすることで、その効能を最大限に取り入れることができます。

玉ねぎの辛み成分は水溶性で、水に溶けだしますので、切った玉ねぎは水にさらさずに放置しておくと、辛味が穏やかになります。またアリシンも切った後に空気にさらすことで耐熱性ができますので、玉ねぎの効能を生かすためには切った後にしばらく置いてから加熱をしてください。

新玉ねぎは辛みが強くないため、オニオンスライスにして生で食べることが理想的です。
またケルセチンは油との相性が良く、油と一緒に摂取すると吸収が良くなりますので、オニオンスライスにドレッシングやオリーブオイルを加えて食べることをお勧めします。

最近よく耳にする酢玉ねぎの作り方と効能

酢玉ねぎの効能について耳にすることがありますが、酢玉ねぎは生の玉ねぎを酢に漬けこんだものです。
玉ねぎを生のまま食べることができ、水ではなく酢に漬けますので硫化プロビルはそのまま玉ねぎの中に残ります。

そして酢と一緒に摂れるので、玉ねぎの持つ効能と、酢の持つ疲労回復や血液サラサラの効能の両方が生かされます。
酢玉ねぎはそのまま食べるほか、ドレッシングやソースに加えたり、調理に加えると食べやすく、毎日少しずつでも食べ続けることができます。

食事にもっと取り入れたい玉ねぎの効能

玉ねぎには一般的に良く見かける黄玉ねぎのほか、紫玉ねぎやホワイトオニオンがあります。
黄玉ねぎの皮の部分にはポリフェノールのケルセチンが多く含まれていますので、皮を乾燥して粉にしたものも健康的な食品として販売されることがあります。料理に振り入れて一緒に食べると良いでしょう。

紫玉ねぎやホワイトオニオンは黄玉ねぎほど辛み成分は強くありませんが、甘みが強く、生食に向きますので、サラダに適しています。
紫玉ねぎには紫の色素であるアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンはポリフェノールの一種で、ケルセチン同様抗酸化作用があり、眼機能や肝機能を高めてくれる効能があります。

いろいろな種類の玉ねぎを、その特徴や効能を生かした調理をすることで、よりおいしく健康的な食事をすることができます。

注目される玉ねぎの効能

アメリカの国立がん研究所で開始されたデザイナーフーズ計画は、食物に含まれるファイトケミカルががんの予防に効果があるという研究から、主要な野菜を選んでその重要度を位置づけています。

フェイトケミカルは植物性食品のアクとして取り除かれていた部分の中に含まれる微量元素で、抗酸化力、免疫力を上げる効能を持つ物質です。

玉ねぎはそれらデザイナーフーズ計画の中に含まれ、私たちが健康を維持するために重要な働きを持つ野菜とされています。

玉ねぎの辛み成分、香りであるファイトケミカルは、すべて取り除いて調理するのではなく、それらの持つ効能を生かし、食べやすくして一緒に食べられるようにすることが健康的な食生活のために大切なことになります。

美容や健康、若々しさのために効果のある玉ねぎを、上手に調理して、より効果的な食生活を送りましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ