桃の保存方法についてまとめ! 冷蔵庫保存は間違っている?

桃と言えばあの美味しい果肉と食べ心地。しかし保存の仕方、皆さん間違って保存してはいませんか?今回はそんな桃の保存方法をまとめてみました。皆さんが知らない桃の本当の保存法は意外なものでした。その内容を早速確認していきましょう。

桃の美味しい保存方法知っていますか?

頂きものとしていただく事も多い桃、あの甘酸っぱい香りと味わいが好きな方も多いのでは?
しかし、この桃非常に傷みやすくて保存に苦慮しているという方も多いのではないでしょうか?
今回はそんな方のために、美味しく桃を保存する方法をお教えしたいと思います!

桃は常温保存が建前!

桃の保存で基本なのが常温保存です。
例えば頂いた桃や購入した桃が硬い、柔らかくして食べたいと思ったら大体1〜2日ほど置くと良いと言われます。
またそれ以上置くと今度は痛んできますから要注意です。
新聞紙などで包んで日の当たらない風当たりの良い場所に保存しておくのも大変良い方法だと思います。
夏場の場合保存の際に気をつけたい事が一つ、保存の際に気にかける必要があるのが冷房に当ててしまうこと。

冷房に当たるとどうなるかというと、桃の水分が奪われてしまうんです。
ですから、なるだけ常温保存でしっかり保存しておくことが建前になるのですね。
冷蔵庫保存は甘みを半減させてしまうためあまりおすすめしませんが、きちんと新聞紙に包み、空気を入れたビニールの中であれば、1週間程度保存ができますので、すぐに食べれない場合は最終手段として覚えておきましょう。

軽く触ってみると少し柔らかみを感じる頃が食べ頃で固いものは未熟ですので常温で追熟させなくては本来の旨みにはなりません。
追熟していったん熟してしまうと長くは持たず傷みやすいので早めに食べるのが良いです、また未熟な固いものは冷蔵庫に入れると追熟せずにそのまま水分がぬけて痛みはじめるので注意してください。

出典:http://www.h5.dion.ne.jp

タイミングが命の桃の保存。
しっかり押さえておけば大丈夫ですよ。

どうしても、早く食べれないときは、
熟してから保存を長持ちさせるため、
冷蔵保存するようにしましょう。

熟す前に冷蔵庫に入れてしまうと、追熟が止まってしまい
熟さぬまま傷んでいきます

出典:http://xn--ruqt3z0li9lh.com

保存期間が大きく左右するのが特徴ですね。
長く保存することは厳しいのが桃の特徴と言えますね。
しっかりとタイミングをみて美味しく上手に食べていものですね。

常温保存でも、意外と何日も持つのですが、桃はとってもデリケートです。指で触ったところや、保存するときに下になって重さがかかっているところは、真っ先に痛んできます。上から見てなんともなっていないからといって安心していると、底面部から痛みが進行してくることが多いので気をつけましょう。

出典:http://www.furu-tsu.net

皮をむいた桃の保存は?

皮をむいた桃の場合はレモンの汁を少し加えてジップロックなどの密閉できる容器に入れるとオッケー。
こうすることで茶色への変色を抑えてくれます。
しかしこれは本当に一時的な効果であって長持ちするものではなく、遅くても翌日までには食べきることが条件。

つまり桃は保存がきかない果物なので購入したらなるだけ早め早めに食してしまうことをおすすめ致します。
基本の桃の保存方法は常温の日陰。皮をむいた桃はレモンを絞ってジップロックで保存
覚えておきましょう。

冷凍したものは、そのままシャーベットのように食べたり、半解凍してスムージーの材料にしたり、桃コンポートにして瓶詰めにして保存すれば、先の季節にも桃の味わいを楽しむことが出来ますよ。

出典:http://rassic.jp

桃を冷やすタイミング

保存は常温が建前の桃、ではいつ冷やすのか、食べる2から3時間前がベストとのこと。
こうすると桃の甘みが最大まで引き出されるんだそうですよ。
きちんと最後まで美味しく食べたいのなら、先ほどの保存方法と合わせて行うことで格段に美味しい桃になってくれる筈ですよ!
ぜひ試してみましょう。

桃の保存方法まとめ!

いかがでしょう?
桃の保存方法、案外冷蔵庫に入れるのが正解と思っていた方も多いのでは無いでしょうか?
今回はその桃についてのまとめでした。
美味しく素敵な桃、保存まできちんとこなして最高の状態で頂きましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ