イカの知られざる栄養素とは?驚きの効果をまとめてみました

イカの栄養と言われてピンとくる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?イカには美味しさのみならず魅力的な栄養がたくさん含まれているんですよ。今回はそんなイカの知られざる栄養について調べてみました。これを読めば今すぐイカが食べたくなること間違いありません。

イカの栄養とは?その魅力に迫る!

夏のビールのおつまみとしても美味しいイカですが、その栄養素をご存知ですか?
さて、今回はイカの栄養について見てみることにしましょう。
イカにはみなさんがまだ知らない魅力がたくさんあるのです。
それではさっそく見ていきましょう。

イカ(烏賊・鰞・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。十腕目 Decapoda・Decembrachiata とも。

出典:https://ja.wikipedia.org

近年大きな注目を浴びているのがこのイカです。
美味しく様々なうれしい効果を持っています。

イカに含まれる栄養 タウリンとナイアシンとは?

イカの栄養 タウリンとナイアシン
タウリンはアミノ酸の一種で、イカの主要な栄養素です。
最近、エナジードリンクでもよく聞く、栄養成分はイカにも含まれます。
その効果も素晴らしく、疲労を改善したり、高血圧を防ぐ役目を担います。

イカにはそんな体を健康に保つタウリンがしっかりと含まれているのが特徴です。
またナイアシンという体に嬉しい栄養も含まれます。
そんなイカの豊富な栄養素をみていきます。

脳疲労にも効くタウリンやナイアシンを摂れるイカはこれから暑くなる夏にうってつけです。
しっかりと栄養を摂って健康に気をつけておきたいですね。

イカの注目の栄養素タウリンは熱に弱い!

イカの栄養 タウリンは熱に弱いという特徴があります。
様々な効果を引き出してくれるタウリン、しかしイカの主要な栄養であるタウリンには弱点があります。
それが、熱に弱いというもの。

熱に弱いということは加熱しすぎると、このタウリンが摂取しにくくなってしまうといことを意味します。
もし、体にきちんと栄養を与えたいと思うのなら、なるだけイカを加熱する調理法は避けたいところでもありますね。

タウリンは高血糖状態のときにインスリンの分泌を促進するそうです。そして血糖値を下げてくれます。糖尿病の予防には常に高血圧を防がなければなりません。一度糖尿病になってしまうと日々の生活がとても大変になってしまいます。普段からタウリンを摂取し、糖尿病を予防しましょう!

出典:https://welq.jp

高血糖を正常に戻し、さらに糖尿病への予防も同時に行ってくれます。
栄養価も高く、美味しいイカは健康への重要な役目を果たしてくれるのですね。

イカのもう一つの注目の栄養 ナイアシンとは?

イカの栄養 ナイアシンとは。
ナイアシンには、脂質や糖質をエネルギーに変換したり、アルコールの分解、皮膚を健康に保つなどの効果があることが分かっています。

ですが、それだけではありません。
ナイアシンは体で作ることもできます。
ナイアシンを体で作る場合には、ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6が必要とされています。
そしてイカにはこれらのビタミンも多く含まれます。

つまり、ナイアシンという栄養を効率よく摂取するのにイカはうってつけということです。
イカに含まれる栄養はわたしたちを幸せにしてくれますね。

ナイアシンは、脂質、糖質、たんぱく質を分解する酵素の働きをサポートしています。エネルギーを生み出す体の機能に深くかかわっているので、美しく健康的なダイエットのためには欠かせない栄養素と言われています。

体のエネルギーのうち、約60%~70%がナイアシンの働きによって生み出されており、ナイアシンの摂取はダイエットに大きな効果を及ぼしていると言えるそうです。

出典:https://welq.jp

ナイアシンを摂取することでダイエットにもつながります。
これは女性には大変うれしいことですね。
イカの栄養素は女性の味方でもあります。

イカの栄養まとめ

いかがでしょうか?
イカの栄養は実に素晴らしい栄養が沢山ありましたね。
イカの栄養成分で体を健康に保ち、元気な毎日を送りたいですね。
今年の夏はイカの栄養をたっぷりと摂りながら美味しいビールなんてのはいかがでしょうか?

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ