1本で簡単においしい紅茶を!簡単&便利なスティック紅茶ご紹介♪

スティック紅茶をご存知ですか?スティック状になった粉末紅茶のことで、簡単に紅茶をいれることが出来ます。今回は、スティック紅茶を紹介します。スティック紅茶はいろいろなメーカーから発売されています。フレーバーも様々なので、飽きずに簡単&便利に使えますよ♪

紅茶とは?

午後のティータイムに欠かせない紅茶。食後やおやつの時間に飲む人もいるのではないでしょうか。では、紅茶とはいったいどのような飲み物なのでしょうか。

茶葉を発酵させてつくる茶の一種。生葉をある一定温度に保ち,葉の中の酸化酵素を十分働かせて色素や他の成分を酸化分解させるので,葉緑素は分解し,タンニンは酸化されて紅茶独自の色を呈する。

出典:https://kotobank.jp

紅茶の茶葉は実は緑茶と同じ、ということは有名ですね。緑茶と紅茶の違いは、製造方法です。紅茶は茶葉の中の「酸化酵素」を使用した製造方法がとられています。酸化酵素で発酵しているので、紅茶の茶葉は緑茶と違って赤褐色なのですね。

紅茶と言えばティーバッグが使用されることが多かったですが、最近はスティック紅茶という物が見られるようになりましたね。スティック紅茶はスティック状になっていて持ち運びにも便利です。また、粉末状の紅茶は、お湯を注ぐだけでおいしい紅茶が出来るのでとっても簡単です。今回はそんなスティック紅茶を紹介していきます。

おすすめスティック紅茶①:ブレンディ

ブレンディ ティーハート

スティック紅茶のコーナーを見ると必ず置いてあるのがこのブレンディ「ティーハートシリーズ」です。ティーハートは、いろいろなフレーバーが出ていて、「マスカット&エルダーフラワー」や「アップル&ローズヒップ」などがあります。

どれもハーブとフルーツのおいしさが感じられます。甘くてフルーティな香りが午後のティータイムを癒しの時間にしてくれます。スティックなので、職場にも持って行けますよ!

おすすめスティック紅茶②:AGF

AGF プロフェッショナル

ブレンディブランドを展開するAGFの「リッチ紅茶オレ」は、お湯だけで本格的な紅茶が飲めるスティック紅茶です。パッケージからは高級感が漂っていますね。スティックのインスタント紅茶なのに、本格的な深みを楽しめます。

プロフェッショナルの名の通り、お店で飲むような本格的な紅茶が楽しめるのがこのスティック紅茶の特徴です。少しリッチなティータイムにぴったりのスティック紅茶です。

おすすめスティック紅茶③:日東紅茶

日東紅茶 ロイヤルミルクティー

紅茶といえば「日東紅茶」ですね。日東紅茶のスティック紅茶は、ロイヤルミルクティーがおすすめです。紅茶好きのためのロイヤルミルクティーというキャッチコピーの通り、紅茶が好きな人が好むような芳醇な味わいがスティックで楽しめます。

豊かな香りとともに、ミルクのやさしい味わいも感じます。また、カフェインレスのミルクティーもスティックで登場しています。カフェインレスは、子どもや寝る前のリラックスタイムにもおすすめのスティック紅茶です。

おすすめスティック紅茶④:名糖

名糖 贅沢なひととき

名糖のスティック紅茶は、ちょっと大人な味わいのものもあります。ラムミルクティーは、ラムの香りがおしゃれな大人を演出します。これは、粉末酒をスティック紅茶にまぜられています。

名糖のスティック紅茶には他にもしょうが紅茶やソイミルクティーなど、健康に気を遣ったスティック紅茶があります。しょうが紅茶は体を芯から温めてくれるので、冬の寒い日のティータイムにぴったりですよ♪

おすすめスティック紅茶⑤:トワイニング

トワイニング 贅沢ミルクティー

紅茶の名門「トワイニング」のスティック紅茶です。紅茶専門のお店ならではの、こだわりを感じる贅沢なミルクティーです。スティックのインスタント紅茶であることを忘れてしまいそうな本格的な味わいと香りが特徴的です。

ピリッとした程よい辛味がポイントのジンジャーレモンティーも、高級な喫茶店で味わう紅茶のような本格的な味がします。体を温めてくれるジンジャーはトワイニングの紅茶との相性も抜群ですよ。

紅茶を飲むなら簡単&便利なスティック紅茶がおすすめ♪

今回は、簡単&便利なスティック紅茶を紹介しました。どの銘柄も本格的な味わいと芳醇な香りにこだわって作っています。スティック紅茶のいいところは、どこにでも簡単に持って行けることです。お湯さえあれば、どこでも簡単に本格的な紅茶を味わうことが出来ます。リッチなティータイムにはぜひスティック紅茶を飲みましょう♪

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ