長芋をさわってかゆくなったら!それは長芋アレルギーかもしれません

長芋を料理に使う時に手がかゆくなった事はありますか?また、長芋を食べたら口がかゆくなって困った!なんて経験はありませんか?もし思い当たる出来事があったら、それは長芋アレルギーが原因かもしれません。今回は長芋のアレルギーについてその原因や症状について調べました。

長芋アレルギーって?

長芋は昔から、滋養強壮の食品としてとても有名です。疲れていたり、食欲が落ちている時でも、長芋ならその食感のよさから、するすると食べる事が出来るのでとても重宝されて来ました。また、ネバネバ成分には胃腸を保護する効果も期待が出来るので、合わせて優秀な食材といえます。

また長芋は価格的にも求めやすく、扱いも大和芋よりも比較的簡単なので重宝しますね。しかし、長芋はアレルギー症状が出やすい食品だという事はご存じでしょうか?今回はそんな長芋の持つアレルギーについて、その症状や原因を調べてみました。

長芋アレルギーの原因は?

昔から健康補助の役割を担った長芋。栄養成分も豊富で、効果も素晴らしい。そんな長芋のどんな成分が、私たちの体にアレルギーを引き起こしてしまうのでしょうか?

里芋や自然薯、長芋の皮をむいているときの手や、とろろ芋を食べた後の口周りが痒くなるのは、含まれるシュウ酸カルシウムが影響しているかもしれません。

出典:http://www.kumitasu.com

里芋、自然薯、長芋、大和芋などにはシュウ酸カルシウムが多く含まれ、このシュウ酸カルシウム結晶の中に針のような形状をした針状結晶が肌に付着すると刺激を感じ、痒みを感じることがあります。

出典:http://www.kumitasu.com

長芋のアレルギーの原因は長芋に含まれるシュウ酸カルシウムだったのですね。シュウ酸カルシウムはほうれん草にも多く含まれる物質ですよね。シュウ酸カルシウムを取り除く方法があれば比較的安心という事でしょうか。

長芋アレルギーはどんな症状が出る?

山芋アレルギーの症状は、全身、または体の一部に赤み、痒み、かぶれ、湿疹、発疹、蕁麻疹、ほてりなどの皮膚的症状の他、
吐き気、嘔吐、下痢、胸焼け、胃痛などの消化器官的症状、呼吸困難的症状なども見られます。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

酷い場合は、アナフィラキシー症状まで引き起こすケースもあり、最悪は死に至る事もあります。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

どんな食品にもアレルギーを引き起こす原因物質は含まれているケースが多く、長芋も例外ではありません。アナフィラキシーショックは、治療に緊急を要する症状なので、特に注意が必要ですね。

長芋アレルギーだと長芋は絶対に食べられない?

山芋アレルギーの特徴は、特に生の状態(擂った山芋のとろろなど)で食すると、アレルギーを発症しやすいと言えるかも知れません。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

長芋のアレルギーは生食の状態で一番症状が出やすいのですね。確かに、長芋で口がかゆくなったりするのは、とろろご飯などを食べた時が多いので、生食は控えるようにしたいですね。

逆をいえば、加熱処理、加工処理などをすると、山芋アレルギーを発症しにくくなるでしょう。
しかし、上記のように人によっては、山芋を加熱処理、加工処理などをしても、山芋アレルギーを発症するケースもあります。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

そうですよね、アレルギーの症状は人によって出方が違うのだから、すべての人に共通で生食を控えればいいという事ではありませんね。何事も用心が大切という事です。

もしも長芋でアレルギーが出てしまったら!

長芋は、アレルギーが出る食品だと気にしつつ毎日を送っていたとしても、何かの拍子に長芋を食べてアレルギーの症状に襲われてしまうかもしれません。もしもアレルギーの症状が出てしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

山芋アレルギーの治療としては、皮膚的症状を引き起こした場合は皮膚科に、
消化器官的症状、呼吸困難的症状を引き起こした場合は消化器科、内科、呼吸器科などの専門医に受診をしましょう。
そして、アレルギー検査と血液検査をする事をする事が大切です。
しかし、アナフィラキシー症状を引き起こした場合は、ただちに救急処置が必要となります。

出典:http://allergy.kaizen-taisaku.info

万が一、アレルギーの症状を発症してしまった場合は専門の病院で専門医の治療が必要です。一番重症なアレルギー症状のアナフィラキシーショックを発症してしまったら、迷わずに救急車を呼んでください。

長芋アレルギーには慎重に!

長芋アレルギーは、発症すると重篤な状態に陥る可能性を多く含んだアレルギーです。過去にぜんそくの発作を起こしたことがある方や、乳幼児へは特に注意が必要です。また、加工食品の中には長芋が含まれたものも多いので、一度でも長芋でアレルギーを発症したことがある方は、購入する時は気をつけましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ