お味噌汁の賞味期限はどのくらい?保存方法とその賞味期限について

朝食にはお味噌汁が大定番でもありますよね。でも、朝食用だけに作ったとしても、必ず残ってしまったりしますよね。では、残ったお味噌汁の賞味期限ってどのくらいなのでしょう?ここでは、お味噌汁の保存方法と賞味期限についてご説明させて頂きます。

お味噌汁の賞味期限は?

毎朝何気なく口にしているお味噌汁、実はお味噌汁にも賞味期限があることをご存知ですか?お味噌汁の賞味期限なんて、あまり気にしたことはありませんよね。ですが味噌汁は発酵食品を使用しているため、実は痛みやすいと言われているのです。そのため、賞味期限も短めとなります。

痛みやすいお味噌汁は、なるべくなら常温保存を避けるようにしましょう。「冬だから大丈夫!」などと過信せず、季節に関係なく行なわない方が無難です。もしお味噌汁を保存したいのであれば、冷蔵庫か冷凍庫での保存がベストです。それでは今回は、お味噌汁の保存方法と賞味期限についてご説明させて頂きます。

お味噌汁の常温保存と賞味期限について

上記でも少し記載させて頂きましたが、お味噌汁の常温保存は、もちろん季節にもよるのですが、基本的にはしない方が良いでしょう。特に夏場はかなり危険で、夜に作り置きしておいたお味噌汁が、朝にはもうすでに腐っていた!ということもあるのです。そう、お味噌汁は常温保存では賞味期限は極端に短くなってしまうのです!

どうしてもお味噌汁を常温保存したいのであれば、塩分を濃い目にしたり(煮詰めて味を濃くする)、3~4時間おきに全体に火が通るように加熱する、蓋をした状態で保存するなど、保存状態にも気を配る必要があります。定期的に加熱するのは、もちろん菌を死滅させるためです。75℃以上の温度1分間で大体の菌は死滅すると言われています。ノロウイルスであれば、90℃の温度で90秒の加熱が必要です。これらの事を忠実に守れば、もちろん季節にもよりますが、常温保存でもお味噌汁の賞味期限は1~2日ほどは大丈夫でしょう。

お味噌汁の賞味期限を延ばすもう一つの方法としては、スープジャーなどで保温する方法があります。常温保存するならば、こちらの方法が一番実用的かと思います。お味噌汁を常温保存した場合の賞味期限は、約6時間~1日程度となります。もちろん温度や湿度、保存環境、お味噌汁の中の具材などによっても、若干、賞味期限は前後します。

お味噌汁の冷蔵保存と賞味期限について

お味噌汁は常温保存だと、とにかく賞味期限が短くなりますので、お味噌汁を作ったら、そのお鍋ごと冷蔵庫に入るのであれば、鍋ごとそのまま入れておくと良いでしょう。ただしその場合、フタをした状態で一度加熱してから、常温か常温より少し高い温度くらいまで冷ましてから冷蔵庫に入れて下さい。冷蔵庫に鍋が入らないのであれば、汁茶碗などに入れてラップをして保存するか、タッパーなどの密閉できる容器に入れて冷蔵保存しましょう。

お味噌汁は作り置きすると、どうしても味噌の風味が飛んでしまいますよね。そのため、お味噌汁の風味を楽しみたいのであれば、お味噌汁を作る時にお味噌を入れる手前で調理を終え、1食分ずつ必要な量ごとに分けてタッパーなどに入れて保存しておきましょう。この状態で保存しておけば、食べたいときに加熱してからお味噌を入れる事ができるので、お味噌の風味を楽しむことができますよ。では、お味噌汁の冷蔵保存の場合の賞味期限についてですが、こちらの保存状態では約1日~2日程度となります。常温保存に比べると、少し賞味期限が長くなったように思いますが、やはりお味噌汁の賞味期限は短めですね。

お味噌汁の冷凍保存と賞味期限について

お味噌汁ももちろん冷凍しようと思えばできますが、中に入れる具材によっては解凍したときに食感が落ちたり変わるものもありますので注意が必要です。例えば、ジャガイモはぐずぐずになってしまいますし、豆腐は高野豆腐の様な感じになってしまいます。もちろん作りたてのお味噌汁と比べると、風味は各段に落ちてしまうことと上記の様に食感が変化するものもあることを前提に冷凍保存するようにしましょう。冷凍保存すれば、もちろん賞味期限も伸びてくるので、作り立てでなくても問題ないようでしたら、冷凍保存もオススメですよ。

冷凍方法はお味噌汁が冷めてからタッパーに入れてしっかりと蓋をして冷凍保存します。もちろんフリーザーバッグに入れて冷凍することも可能です。解凍する時は食べる前日、もしくは半日前に冷蔵庫に移して自然解凍してください。その後電子レンジで加熱するか鍋に移してから加熱してくださいね。また、お味噌汁をそのまま冷凍するのではなく、お味噌汁にお湯を入れる前の状態、つまりは具材を冷凍してしまう方法もあります。1食に必要な分量ずつポリ袋にお味噌と一緒に入れて冷凍すれば、解凍してお湯を注ぐだけでお味噌汁が簡単に出来上がりますよ。ちなみにお味噌汁を冷凍保存した場合の賞味期限は、約2週間前後となります。やはり冷凍保存が一番、賞味期限が長くなるようですね。

まとめ

いかがでしたか?お味噌汁は意外にも賞味期限はかなり短めでしたね。普段、冬場なら常温保存でも大丈夫!と過信していた人はいませんか?冬場も案外、室内は暖房などで気温が高いことが多いですよね。冬場でも油断は禁物です。賞味期限が切れて腐ってきたお味噌汁は、異臭がしたり変な味がしたり、カビが生えていたりします。例え冷蔵庫に入れていたとしても、冷蔵保存の場合でも賞味期限は2日と短めですので、注意が必要です。もちろん賞味期限は、美味しく食べるために保障された期限でもあるため、必ずしも賞味期限内に食べなければならないわけではありませんが、賞味期限内に食べることに漉したことはありません。3日目のお味噌汁も食べれる!と言う人もいるかもしれませんが、その辺りは自己責任で食べるようにしてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ